物性測定機

Filmeter

ATPro 301

被膜性能を総合的に評価する コストパフォーマンスに優れた測定機です

フィルメータ Type ATPro301 PAT.P.

・被膜剥離・破壊測定

 特殊ピンを使用して単層、多層塗膜の各層間或いは、基材と被膜の剥離抵抗力と被膜の破壊力を測定します。

 膜剥離、膜破壊状態の可視化データも収集することが可能です。膜の断面にピンを設置して、ピンを直線摺動

 させることにより被膜面に応力を加えて、被膜の剥離、破壊応力を測定します。多層膜の場合、ピンを表層近

 傍に設置しても、最も強度の低い層近傍から剥離が発生します。

・静・動摩擦係数測定

 被膜特性として表面の摩擦評価が必要です。フィルメータでは、10μm~1mm/secの速度範囲が得られる。

 極低速で測定することで、静止状態から摺動開始時に起こる試験体の弾性変形を測定することができ、なお

 摺動時の飛び跳ね現象も極力抑えることができます。

フィルメータ Type ATPro301 摩擦測定ユニット使用状態

摩擦測定ユニット使用状態

・引掻強度測定

 引掻強度評価は、円錐型引掻針を用いて所定垂直荷重下で直線摺動させて、各試験体に発生した傷幅をもって

 引掻強度を表すことができます。また、引掻強度の測定時に抵抗力もデータとして取り込めるため、垂直荷重

 を段階的に変化させて測定して、引掻開始垂直荷重を求めることもできます。

フィルメータ Type ATPro301 引掻強度測定ユニット使用状態

引掻強度測定ユニット使用状態

被膜剥離・破壊測定例

フィルメータ Type ATPro301 剥離・破壊測定状態
フィルメータ Type ATPro301 ポリエステル系塗膜の剥離状態
フィルメータ Type ATPro301 熱硬化系塗膜の破壊状態

剥離・破壊測定状態

ポリエステル系塗膜の剥離状態

熱硬化系塗膜の破壊状態

おもな仕様

TOP

Copyright (c) 2013 Trinity-Lab inc. All Rights Reserved.